スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
twitter(ツイッター)はじめました!

遅ればせながら、twitter(ツイッター)はじめました!
どんな使い方するかわかんないけど…。
ツイッターやってる人はお気軽にフォローしてください。
お知らせ - -
『古本検定』発売中!

いろいろと関わってきた単行本『古本検定』が発売されました。
4ヶ月前に謎の旅館でこの本に関わったみなさんと合宿したのが、スゴくむかしのように感じます。お力になれたかどうかわかりませんが、とてもいい経験をさせていただきました。
定価2,100円(税込)は、高いのは高いけど、まあそれくらいの密度はあるんじゃないでしょうか。とても多くの方が関わった本になっていて、制作費もかなりかかっているはず。内側から見ていたのでそれはよくわかります。(読者には関係ないことかもしれないですけど…)
難問揃いで、ぼくなんか初級でも半分くらいしかわからない。これで勉強します。中級、上級も含めて、半分以上正解する人は変態級にスゴいと思います。

『古本検定』
岡崎武志編/朝日新聞出版
定価:2,000円+税

お知らせ - -
メリーゴーランドの「小さな古本市」は、世界で1番ヘンな古本市だ!
メリーゴーランドの「小さな古本市」に参加させていただきます。
今回が2回目で前回も参加させていただきましたが、この古本市はホントにヘンですよ。なにがヘンて、人選がおかしい。前回は、羽良多平吉さんと荒井良二さんも参加されてました。今回は、スタイリストの伊藤まさこさんが出品されます。次回はどんな人が出すのか気になります。宇野亜喜良さんや谷川俊太郎さんが参加する可能性だってゼロではないからスゴいです。
予想外の人が出品した本が、予想外にショボいなんてこともあるのでおもしろいです。去年は、羽良多平吉さんが出品していた本に、おもいっきりズッコケました。かっこいいデザイン書が並ぶと思っていたら、どうでもいい絵本ばかり。。。そんなユルさも魅力だと思いますし、行って自分の目で確かめたいと思わせるだけの魅力のある古本市です。
ぼくはちょっと行けそうにないけど、お近くの方は絶対に行っていただきたいですね。こんなヘンな古本市は、他では絶対にありえないですから必見です。




○開催日:2009年10月10日(土)・11日(日)・12日(祝月)
○時間:10:00〜19:00
○会場:寿ビル5F メリーゴーランドとギャラリーギャラリーの公共スペース
   600-8018 京都市下京区河原町通四条下ル市之町251-2 寿ビル5F
   075−352−5408(メリーゴーランド京都 担当,三野 協力,扉野)

○ミニ・ライブ:吉田省念と三日月スープ 10月12日 15:00スタート 投げ銭ライブ

○出品いただく方々

アトリエ箱庭
http://www.haconiwa-k.com/

伊藤まさこ

岡崎武志堂
okatakeの日記
http://d.hatena.ne.jp/okatake/

文壇高円寺古書部
文壇高円寺
http://gyorai.blogspot.com/

海文堂古書部
海文堂書店
http://www.kaibundo.co.jp/

貸本喫茶ちょうちょぼっこ
http://www.geocities.co.jp/chochobocko/

GALLERYGALLERY

古書コショコショ
子子子屋本店
ガケ書房
http://www.h7.dion.ne.jp/~gakegake/


古書善行堂
古本ソムリエの日記
 http://d.hatena.ne.jp/zenkoh/

とらんぷ堂書店
http://www.oct.zaq.ne.jp/afaai707/tr.html

トンカ書店
http://www.tonkabooks.com/

FORAN

BOOKONN
中嶋大介
http://www.bookonn.com/bookonn.html

古本オコリオヤジ
daily-sumus http://sumus.exblog.jp/

増田喜昭
子どもの本専門店 メリーゴーランド http://www.merry-go-round.co.jp/

moshi moshi (モシモシ)
http://moshimoshi1234567.googlepages.com/

りいぶるとふん
トビラノラビット

吉田省念と三日月スープ
http://mikazuki.yoshidashonen.net/
お知らせ - -
羽良多平吉、今竹七郎、カール・ゲルストナー、そしてアホアホ本。

今日、金柑画廊に本の補充に行ってきました。
2ヶ月間と会期がながいということもあるので、会期の後半に何かおもしろいことができないかと相談もしてきました。まだ詳細は決まっていませんが、10月25日にちょっとした催しをやります。アホアホ本のスライドショーをやることになりそうです。いろんな方々に楽しんでいただけるように、今からネタを仕込みます。また詳細が決まったら、ここでお知らせします。



アホアホ本をちょこちょこ追加しましたので、一度来られた方もぜひまたいらしてください。某高校の傑作卒業アルバムもありますよ。あと、小学生の女の子によって書かれた自由帳など、プライベートな本を今日追加しました。こういった本は、単行本では絶対に載せられないし、ブログでも載せるのをためらってしまうようなネタなので、ぜひこの機会に見ていただきたいですね。



デザイン書なんかもいろいろ追加しました。こんな感じです。ちょっと棚が空いていたんですが、びっちり埋まりました。また連休中にもう少し追加します。



真ん中の『グラフにしのみや'67』は、まったく冴えないもっさい表紙ですが、中のデザインは暴れてます。なんとこの冊子のデザインは、関西デザイン界のパイオニア・今竹七郎が手掛けています。面出ししておかないと、絶対に素通りされてしまうと思ったので、入口すぐの棚の目立つところに置いてます。そして、その下には今竹七郎の作品集を置いているので、今竹七郎を知らない方はそちらも見ていただければと思います。
左は、羽良多平吉がデザインの雑誌。右は、カール・ゲルストナーのめずらしい著書。
自分で並べたんですけど、羽良多平吉今竹七郎カール・ゲルストナーが入口に並んでいるというのも、なんかスゴいな。
しばらく金柑画廊に居たんですけど、その時にたまたま通りがかりで入って来られたおばさんは、アホアホ本の棚の前で呆然としておられました。目に飛び込んでくるのは、ありえないようなふざけたタイトルの本しか並んでないんですから、そりゃびっくりするでしょうね。ぼくだって、たまたま入った古本屋がこんな品揃えだったら「なんか間違った世界に来てしまったのかな」と思って自分の目を疑うでしょう。なので、そんな方のためにも「簡単な解説を付けなきゃ」と痛感しました。たぶん、これまでにもびっくりされた方がたくさんおられたんだと思います。びっくりさせてしまった方々スミマセンでした。入ってまず、羽良多平吉、今竹七郎、カール・ゲルストナーと来て、アホアホ本ですからね。普通の古本屋だと思って入ったら頭がおかしくなるので気を付けてください。


金柑画廊のイベントとは関係ないんですけど、明日は鬼子母神通りで「みちくさ市」があります。「my neighbor's books」にも参加されている手塚さんがAZTECA BOOKSとして出店されます。ぼくも客として行きます。
お知らせ - -
「my neighbor's books」今日から11日間連続営業
金柑画廊で開催中のイベント「my neighbor's books」ですが、今日から11日間連続営業です。9月25日まで休みなしで開けます。
棚もちょっとすいてきたので、19日(土)に補充に行きます。連休中にもどこかで補充に行こうと思っているので、25日までに2回は補充します。デザイン書を中心に補充する予定ですが、展示用(非売品)のアホアホ本もいろいろ追加します。


「my neighbor's books」
2009年9/3(木)〜10/30(金)の、木曜日〜日曜日。
営業時間12:00〜19:30。
ただし、祭日の9/21,22,23,10/12は営業しています。

本の出品と協力:
手塚敦/AZTECA BOOKS http://atform.exblog.jp
中嶋大介/BOOKONN & ahoaho-expo http://www.bookonn.com
森岡書店 http://www.moriokashoten.com
ArtBookChair/Sakai & Ryoji                 
企画と制作/金柑画廊 http://www.kinkangallery.com

会場:
金柑画廊/〒153-0063 東京都目黒区目黒4-26-7
電話03-5722-9061

お知らせ - -
<< | 2/4 | >>